矯正を始めるきっかけとなる

歯科医

インビザラインとは歯列矯正方法の一つで、透明で薄いマウスピースを使って行うものを言います。東京ではインビザラインによる矯正を始める人が増えており、目立たない矯正治療法として人気を集めています。歯列矯正は子どもだけでなく、大人になってから始めることができる治療で、全顎もしくは一部分だけを直すことも可能です。特に接客業に就いている人の中には、きれいな歯並びが求められる職業もあります。キャビンアテンダントや化粧品メーカーの美容部員など様々ですが、就職してから会社の指示によって矯正を始めるという人も少なくありません。その他にも人前で話す機会の多い人や、歯並びが悪いことで話しづらいという人にもインビザラインはおすすめです。矯正中でも目立たないため始めやすい矯正治療法となっています。

お手入れがしやすいのでいつも清潔

ブラケットなどの矯正装置を直接歯に接着し、ワイヤーをかけて行う従来の矯正方法にも、目立ちにくい裏側矯正という方法があります。しかし表側にしろ裏側にしろ、矯正装置を取り付けることに違いはありません。従来の矯正方法のデメリットは、食べかすや汚れがついても装置を外して取り除くのは不可能という点です。ですので治療中は矯正用フロスやワンタフトなどを併用する必要性が出てきます。一方インビザラインは自分で取り外しすることができる上に、食事をするときは外した状態で食べることが可能です。自分の歯はこれまで通りブラッシングできますし、マウスピースそのものもきれいに洗えるのでいつも清潔に保てます。そのため東京の歯科医院では虫歯になりにくい矯正方法として、インビザラインによる矯正を推奨しています。

大体いくらぐらいの費用が必要か

東京でインビザラインによる矯正を行った場合、おおよその相場として最低でも80万~120万円はかかると考えておいたほうがよいでしょう。歯列矯正期間は人によって異なるため、最低費用の目安からどれぐらい増えていくかは不明です。しかし検査や視診によるデータを集めることで、カウンセリングの段階ではかなり正確な金額を教えてもらうことが出来ます。またインビザライン矯正を行っている歯科医院は、毎回の調整料を費用に加えて取らないところもあれば、治療の都度支払いが発生するところもあります。動かす歯の本数やどのくらいの年齢から始めるかを考えると、毎回費用を支払うシステムならその分も考慮しておくことが大切です。東京でも60万円ほどの費用で済むところもありますので、複数の歯科医院で相談をしてみることをおすすめします。インビザラインは自由診療となるため、費用についてしっかりとした説明を行ってくれるクリニックを選びましょう。

広告募集中